スキンケアのコツ

目立つニキビやニキビ跡の正しいケア方法、2つのポイントとは?

投稿日:

頬や顎にポツンとできるニキビ、目立つし本当に嫌ですよね。
やっと治った!と思ったのも束の間、なんだかシミのような跡が残ってしまったら…。

それこそ毎日が憂鬱でたまらなくなってしまうでしょう。

そんなニキビやニキビ跡は、どのようにケアをすればいいのでしょうか。
新しいニキビを作らないため、そして既にできてしまったニキビ跡を改善するためのケア方法について、紹介していきましょう。

大人ニキビの原因は乾燥である

ポイントの1つめは、大人ニキビの原因を知ること。

ニキビの原因というと、皮脂や脂性肌を想像しますよね?
しかしそれは思春期ニキビの場合であり、大人ニキビの場合は乾燥が原因。

乾燥してバリア機能が低下し、肌を守るために過剰に分泌された皮脂が細くなった毛穴につまってニキビになっているのです。

ニキビ=皮脂と考え、1日に何度も洗顔をしたり、あぶらとり紙を使うのはNG。
余計に乾燥を悪化させ、ニキビのできやすい状態を作ってしまいます。

大人ニキビができてしまったら、「お肌が乾燥しているサイン」と考え、しっかりと保湿をしてあげましょう。

このとき、オイルカットの基礎化粧品を使うのがおすすめ。
ニキビのできやすいお肌に必要以上に油分を与えるのは危険ですから、なるべくオイルカットの化粧品を使うようにしましょう。

べたつきが気になる人も、オイルカットの化粧品ならべたつきも感じにくいのでおすすめです。

ビタミンCでニキビ跡を薄くしよう

色素沈着や赤みが残るタイプのニキビ跡なら、ビタミンC配合の化粧品を使うことでニキビ跡を目立たなくさせることが可能です。
ビタミンCをお肌への浸透率を高くするために変えた、ビタミンC誘導体が高濃度で配合されている美容液がおすすめです。

ビタミンCには、過剰な皮脂を抑える働きや炎症を抑える働きなどがあるため、まさにできてしまったニキビ跡のケアにぴったり!
ニキビ跡の気になるところにピンポイントで塗りましょう。

高濃度のビタミンC誘導体美容液は「肌が乾燥する」と感じる人もいるので、お肌全体を保湿することも忘れずに。
しっかりと保湿をすることは、新たなニキビを防ぐことにもつながりますから、忘れずに毎日行うようにしてくださいね。

また、ニキビやニキビ跡が気になる気持ちは分かりますが、コンシーラーやファンデーションを厚塗りして隠すのは絶対にNG!

もしやっている人は、今すぐやめてください。

コンシーラーやファンデーションの油分が余計にニキビを悪化させますし、崩れて余計に目立ってしまいます。
できるだけメイク以外の方法(マスクなど)で隠せるといいですね。

まとめ

ニキビやニキビ跡のケア方法について、紹介しました。

赤く炎症を起こしたニキビや、黒っぽいシミになってしまったニキビ跡は、お世辞にもきれいとは言えません。
目立つのでつい触ってしまいそうになりますが、ニキビは触ってはいけません。

正しい方法でケアをして、新しいニキビを作らないようにしたいものですね。
また、ニキビ跡を改善するのは簡単なことではないので、できてしまったニキビの「跡を残さないようにする」ことも大切です。

-スキンケアのコツ

Copyright© ビーグレン口コミ 肌悩み別のおすすめレビュー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.