スキンケアのコツ

もしかして老けて見られてる?シミやくすみは紫外線ケアで対策を

投稿日:

鏡で自分の顔を見たとき、「え?これが私の顔?」とハッとした経験はありませんか?
シミだらけの頬、どんよりとくすんだ肌…。

確かにこれでは、実年齢よりも老けて見られてしまっているかもしれません。

そんなシミやくすみは、どうしたら予防改善することができるのでしょうか。
シミとくすみの対策には、紫外線ケアが欠かせません!

シミやくすみができる理由は?

そもそも、シミやくすみはなぜできるのでしょうか。

原因は1つではないのですが、シミもくすみも紫外線が大きく影響しているといえます。
紫外線を浴びることによってメラニン色素が生成され、シミとなってしまうのです。

このことからも、シミと紫外線を結びつけて考える人は多いと思います。
しかし紫外線は、シミだけでなくくすみも引き起こしてしまうのです。

くすみと紫外線について、説明しましょう。

紫外線を浴びると肌の水分が失われ、肌は乾燥してしまいます。
水分を失った角質層というのはバリア機能が低下し、外部刺激の影響を受けやすくなった状態。

このまま放っておくと紫外線の悪影響をダイレクトに受けてしまい、更に肌は乾燥してしまうでしょう。
バリア機能が低下すると肌のターンオーバーも乱れ、本来は落ちるべき古い角質が肌の表面にいつまでもとどまっていることになります。

この状態が、いわゆるくすんだ状態ですね。
くすみは、紫外線を浴びて肌が乾燥することで引き起こされていたのです。

シミやくすみ対策のための紫外線ケアのやり方は?

シミやくすみの対策には、紫外線ケアをすることから始めましょう。

紫外線は一年中降り注いでいるものですが、なんとなく春から夏にかけては紫外線対策をするものの、冬などはサボってしまっていませんか?

確かに冬は春夏ほどではありませんが、それでも紫外線は降り注いでいるのです。
季節や天気に問わず、しっかりと紫外線対策をしましょう。

日焼け止めや日傘、UVカット機能つきのパーカーやストールなどを使い分けてみてください。
肌が弱い人や敏感肌の人、すでに肌の乾燥を感じている人などは、できるだけ日焼け止めよりも別の方法で紫外線ケアができるといいですね。

日常の紫外線なら、SPF20、PA++くらいの日焼け止めで十分。
あまり強すぎない日焼け止めを使うことも大切です。

まとめ

シミやくすみの対策には、紫外線ケアをすることが大切だという話をしました。

紫外線は、私たちの肌にとって残念ながら悪影響をもたらします。
シミやくすみができる背景には、少なからず紫外線による乾燥があるとみていいと思います。

適切な方法でしっかりと紫外線を予防して、シミやくすみのない美肌を目指していきましょう。

-スキンケアのコツ

Copyright© ビーグレン口コミ 肌悩み別のおすすめレビュー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.